Deprecated: Hook custom_css_loaded is deprecated since version jetpack-13.5! Use WordPress Custom CSS instead. Jetpack でのカスタム CSS のサポートは終了しました。 WordPress.org のドキュメントを参照し、カスタムスタイルをサイトに適用する方法をご確認ください: https://wordpress.org/documentation/article/styles-overview/#applying-custom-css in /home/auc415/caladalab.com/public_html/main/wp-includes/functions.php on line 6078
エクササイズ後は甘いものを食べるべし! | CALADA LAB.(カラダラボ)

Blog

ダイエット

エクササイズ後は甘いものを食べるべし!

こんにちは!

「研究」と「現場」のハイブリッドトレーナー
比嘉一雄(ひがかずお)です!

今日は、トレーニングをしている人は、いまさら何をってことですが

トレーニング後のサプリメントについて少し書きたいと思います。

ダイエッターにも有効かと思います。

最早、プロテインを飲むと太るから嫌だとか言っちゃってしまっている

トレーニーはほとんど姿を消しました。

そのプロテインに糖質を加えることによって更に

タンパク質の合成が高まることも分かっています。

しかし、この糖質をプロテインに入れることを嫌がるトレーニーは

少なくありません。

理由は「太る(=脂肪が付く)から」です。

ここで、ひとつ研究を紹介いたします。

トレーニングの前後のサプリメントを

プロテイン(25g)のみ(Aグループ)、プロテイン(25g)+砂糖30g(Bグループ)、なにも飲まない(Cグループ)

3つの群にわけ、3ヶ月の筋力トレーニングを行ってもらいました。

その結果、全ての群で筋は大きくなったのですが、

その程度はB>A>Cでした。

さらに、体脂肪率は全ての群で減少し、その程度は全ての群で同程度でした。

これはどういうことかと言うと、

糖質を入れたほうが筋肉は成長しやすく

さらに、トレーニング後の糖質は太りにくい

ということです。

この理由は、糖質を摂取すると、インスリンが分泌されるのですが

このインスリン、普段なら筋細胞、脂肪細胞の両方に作用します。

しかし、糖質が欠乏しているトレーニング後は

筋細胞に優先的に作用するので、脂肪への作用が相対的に減少するのです。

考え方を転換しますと、これからデザートバイキングに行かなきゃ行けない女性とかは、食べる前に筋トレをすれば、余分な糖質が脂肪細胞に摂取されるのを抑制することができます。

私なんかも、トレーニングしてない日に、ちょっと多く食べなきゃ

いけないなとか思ったら、少しお行儀はわるいですが、トイレに行って

片足のスクワットなどをちょっとしたりします(笑)

関連記事