Deprecated: Hook custom_css_loaded is deprecated since version jetpack-13.5! Use WordPress Custom CSS instead. Jetpack でのカスタム CSS のサポートは終了しました。 WordPress.org のドキュメントを参照し、カスタムスタイルをサイトに適用する方法をご確認ください: https://wordpress.org/documentation/article/styles-overview/#applying-custom-css in /home/auc415/caladalab.com/public_html/main/wp-includes/functions.php on line 6078
ラブサイケデリコ | CALADA LAB.(カラダラボ)

Blog

徒然

ラブサイケデリコ

こんにちは!

「研究」と「現場」のハイブリッドトレーナー
比嘉一雄(ひがかずお)です!

先日、ラブサイケデリコのアルバム『ABBOT KINNEY』を買った。

初めてである。

高校の時に流行った、「Last smile」しか聞いたことなかった。

正直、買ったアルバムの曲は一曲も知らない。

なぜ、買ったのか。

先日、たまたまフジテレビ「僕らの音楽」を観た。

観たというより、アームカール中に流れていたといった方がマッチしている。

ラブサイケデリコは香取慎吾と対談していた。

たわいのない会話から、テーマが音楽の配信、ダウンロードの話になった。

いわゆる音楽の垂れ流しについてだった。

香取:どうなの?困っちゃいますよね?

するとラブサイケデリコの男が

「元々音楽ってタダだったと思う。

それがいつからかお金になるっていう風になってしまったけど。

音楽って目に見えないし、感じるものだし、お金の価値じゃないから、

音楽が元の場所に戻っていこうとしてるのかなって思ってるから、

きっとそのうち(音楽で)食べれなくなっちゃうかもしれないけど、

それなら、他の仕事しながらでも音楽は続けれる。

それで、自分たちの音楽は残るじゃないですか?」

こんなことを言っていた。

かっこいいじゃねぇか!デリコちゃん!

ってことで、こういう哲学を持った人、音楽を愛する人に

音楽を作り続けてもらいたい。

そう思って、なけなしのお金をはたいて購入したアルバム。

『ABBOT KINNEY』

然っ全、自分の耳に馴染みません。

ってか英語かい!

ってことで、僕の今の一押しは

MASHの「僕がいた」です。

すーーっと耳に吸いついてきます。

カッコいいです。

是非、聴いてみてください。

関連記事