Deprecated: Hook custom_css_loaded is deprecated since version jetpack-13.5! Use WordPress Custom CSS instead. Jetpack でのカスタム CSS のサポートは終了しました。 WordPress.org のドキュメントを参照し、カスタムスタイルをサイトに適用する方法をご確認ください: https://wordpress.org/documentation/article/styles-overview/#applying-custom-css in /home/auc415/caladalab.com/public_html/main/wp-includes/functions.php on line 6078
トレーニングは1人でできるもん!~全く別の部位の筋肉でサポートする~ | CALADA LAB.(カラダラボ)

Blog

エクササイズ

トレーニングは1人でできるもん!~全く別の部位の筋肉でサポートする~

4.全く別の部位の筋肉でサポートする。

第5回「1人でできるもん!」は、前回に引き続き、1人でもしっかりと筋肉を追い込んでいけるトレーニング方法を紹介していきたいと思います。

5つ中の4番目は「全く別の部位の筋肉でサポートする。」です。サポートするという意味では前回の「片側から両側にシフトする。」と似ているのですが、この方法は片側種目でなくてもできる!という点と、ターゲットの部位と全く異なる部位によってサポートするという点で、3番目の「片側から両側にシフトする。」とは異なります。

チンニング(懸垂)で説明してみましょう。

チンニングにおいて、体が持ち上がらなくなったとき、サイドのバーや台などを利用し、チンニングに使用しない脚の力を用いて「CON完遂フォーム(体が持ち上がった状態)」にまで体を持っていきます。そしてバーや台から脚を離し、ゆっくりと体を下ろしていきます。

チンニング

手前味噌ですが、この方法はチンニングが全くできない方でも、バシっ!と背中に効かせる事ができるので、とても良い方法だと思います。これを続けていく事で、ほとんどの方がチンニングができる様になります。私のクライアントさんの中には、この方法で女性にも関わらずチンニングができる様になりました。

この方法が有効な種目は、「レッグプレス(腕でサポート)」「ケーブルローイング( 脊柱起立筋でサポート )」などでしょう。

レッグプレス

今日の一句

1人でも 2人でもね できないよ
みんなの力 貸してほしまし

関連記事