ナビゲーション リンクのスキップHome > 栄養 > レシピ詳細

高野豆腐と切干大根の肉じゃが風煮物

高野豆腐を揚げてから煮るのでコクもあり満足感たっぷりの味わいです
高野豆腐と切干大根の肉じゃが風煮物
材料(作りやすい分量の4人分)
・高野豆腐 ・・・ 2枚
・片栗粉 ・・・ 適量
・揚げ油 ・・・ 適量
・切干大根 ・・・ 1/2カップ(10g)
・玉ねぎ ・・・ 中1個
・じゃがいも ・・・ 中2個
・にんじん ・・・ 中1本
・いんげん ・・・ 4本
・だし汁 ・・・ 2カップ
・しょうゆ ・・・ 大さじ3
・みりん ・・・ 大さじ3
・砂糖 ・・・ 大さじ1
下準備
高野豆腐、切干大根は水で戻し、よく絞っておく
玉ねぎは8等分のくし型切り、じゃがいも、にんじんは一口大に切る
いんげんはさっとゆがき、3~4cmの長さに切る
作り方
1 高野豆腐を一口大に切り、表面に片栗粉をまぶして180度の油でうっすら色づくまで揚げる
2 切干大根を食べやすい大きさに切り、玉ねぎ、じゃがいも、にんじんとともに鍋に入れ、だし汁と調味料を加えて強火にかける。
3 煮立ったら、1を加えて具材が柔らかくなるまで弱火で煮込む。途中アクが出たらすくう。
4 食べる直前にいんげんを加えて出来上がり。
作り方のポイント

一度冷ましてから再び温めると、味がさらにしみて美味しくなります。いんげんは食べる直前に加えた方が、色がきれいです。高野豆腐を片栗粉にまぶしてから時間をおくと、べたべたになってしまうので、揚げる直前にまぶして下さい。

栄養価(1人分)
<ベーシック> カロリー:255kcal、たんぱく質:8g、脂質:6g、炭水化物:41g、食物繊維:1g
<ポイント> カルシウム:102mg、ビタミンC:32mg

栄養MEMO

高野豆腐と切干大根は、ともにカルシウム豊富な乾物。ストックしておき、色々なお料理に活用しましょう。高野豆腐には、骨のカルシウムの維持に役立つ大豆イソフラボンも含まれます。さっぱりしがちな高野豆腐も、揚げて煮込むことで、お肉のようなコクのある味わいに仕上がります。

«レシピ一覧へ